福祉ライブラリー 福祉ライブラリー今月のおすすめ



なすびは何色?/山本泉:作,山田真奈未:絵/BL出版/絵本

   京都から転校してきて、「ぼく」のとなりの席になった岸田さんと親しくなるきっかけは、しゃっくりと、「なすびは何色?」という不思議なことば。学校の帰り道、「ぼく」が止まらないしゃっくりに困っていると、岸田さんが後ろから近づいてきて、追いこしたと思ったら、くるりとふりかえって、「なすびは何色?」と不思議な質問をしてきて…。「ぼく」と岸田さんの微妙な距離感を、ユーモラスに描いた作品です。


戦国大名の戦さ事情/渡邊大門/柏書房/歴史・地理

   小説やドラマなどで華々しく描かれることの多い戦国武将とその時代。ところが、実際の史料から見えてくるのは、華々しさからはかけ離れた、いかにも人間くさいリアルな姿です。戦時負担に苦しむ大名、規則で縛られる兵士、占い師まがいの“軍師”など、将兵の動員・武器・軍法・兵站あらゆる面から「人・物・金の軍事システム」を徹底解説。物語からは知ることのできない戦国時代の実像に迫ります。


アドラー式 老いた親とのつきあい方/熊野英一/海竜社/高齢者福祉

   親との精神的なわだかまりや介護問題など、親に関する悩みは多岐にわたりますが、今が年老いた親と向き合う最後のチャンスかもしれません。後悔のない「介護」と「看取り」のために、「勇気づけの心理学」と呼ばれるアドラーの教えから、解決法を探ります。自分自身の人生後半の「生き方」「在り方」についてのヒントも見つかる一冊です。


ちいさなお直し/いわせあさこ,鯉渕直子,ミムラトモミ/池田書店/技術・産業

   汚れたりほつれたりした、お気に入りのアイテムを長く大切に使うために、ダーニング、刺繍、アップリケなどを施してよみがえらせる、簡単なお直しの手法が紹介されています。お直しの道具や材料、ダーニングや刺繍の基本も掲載されていて、手先に自信のない人でも気軽にリメイクを楽しめる内容です。


処方箋のないクリニック/仙川環/小学館/文学

   東京郊外にある古びた洋館。そこには先端科学では治せない患者と家族の「人生」を治療する名医がいます。凄腕、イケメンだけど、ちょっと変わり者の医師青島倫太郎。目が悪くなったのに車の運転をやめない父、怪しげなサプリにはまる母、仕事のストレスで血圧が上がった息子…。そんな患者と家族たちは、青島と話をするうちに、隠していた心の内を打ち明けて…。現代の赤ひげ先生が、病気でこじれた人間関係に鮮やかにメスを入れる、心温まる医療小説です。


グリーンブック/発売元:ギャガ/DVD(カラー・130分)

   時は1962年、ニューヨークの一流ナイトクラブ、コパカバーナで用心棒を務めるトニー・リップは、ガサツで無学ですが、腕っぷしとハッタリで家族や周囲に頼りにされていました。ある日、トニーは、黒人ピアニストの運転手としてスカウトされます。彼の名前はドクター・シャーリー。カーネギーホールを住処とし、ホワイトハウスでも演奏したほどの天才は、なぜか差別の色濃い南部での演奏ツアーを目論んでいました。二人は「黒人用旅行ガイド=グリーンブック」を頼りに、出発するのですが…。
 
birth



ご利用案内福祉ライブラリー・NEWSHOMETOP