福祉ライブラリー 福祉ライブラリー今月のおすすめ



ノラネコぐんだん カレーライス/工藤ノリコ/白泉社/絵本

   ジャングルの開放感あふれる佇まいが素敵な「ワンワンカレーライス」。屋根の上からお店をのぞくノラネコぐんだん。夜が更けるとお店に忍び込み、大量のシーフードカレーを作りました。「カレーライス かんたんだったね かんたんだったよ」と得意げです。ところが、その背後には暗闇に光るふたつの目が…。


21 Lessons 21世紀の人類のための21の思考/ユヴァル・ノア・ハラリ/河出書房新社/歴史・地理

   「サピエンス全史」で人類の「過去」を、「ホモ・デウス」で人類の未来を描き、世界に衝撃をあたえた著者。本書ではテクノロジーや政治をめぐる難題から、この世界における真実、そして人生の意味まで、私たちが直面している21の重要テーマを取り上げ、正解の見えない今の時代に、どのように思考し行動すべきかを示唆しています。


希望の介護 モンテッソーリケア/和氣伸吉/幻冬舎/高齢者福祉

   よく見て、促し、待つサポートで高齢者の充実感、自信、意欲を引き出していく―。子どもの主体性や尊厳を最大限に尊重するモンテッソーリ教育を、認知症高齢者の介護現場に導入した岡山県のディサービスの取り組みが、実例とともに紹介されています。


「食品ロス」をなくしたら1か月5,000円の得!/井出留美/マガジンハウス/技術・産業

   本当は食べられるのに、捨てられる食べ物のことを「食品ロス」といいます。家庭での「食品ロス」は、ある調査で1か月5,000円だとか。本書では「買物は食後に行く」「長ネギは緑の部分から先に使う」「缶詰は特売品を買う」など、家庭で今すぐ実践できる「食品ロス」を減らす65のワザが収録されています。


スワン/呉勝浩/KADOKAWA/文学

   首都圏の巨大ショッピングモール「スワン」で起きた無差別銃撃事件。前代未聞の悲劇の渦中に、犯人と接しながらも生き延びた高校生のいずみ。ところが、同じく事件に遭遇した同級生の小梢の告発により、次に誰を殺すか、いずみが犯人に指名させられたこと、そしてその指名により犯行が行われたという事実が、週刊誌に暴露されたのです。被害者から一転、非難の的となったいずみ。そんななか、彼女のもとに一通の招待状が届いて…。


こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話/発売・発売元:松竹/DVD(カラー・120分)

   北海道の医学生・田中はボランティアとして、身体が不自由な鹿野と知り合います。筋肉が徐々に衰える難病・筋ジストロフィーを12歳の時に発症した鹿野は、いつも王様のようなワガママぶりで周囲を振り回してばかりいましたが、どこか憎めない愛される存在でした。ある日、新人ボランティアの美咲に恋心を抱いた鹿野は、ラブレターの代筆を田中に依頼します。しかし、実は美咲は田中と付き合っていて…。難病を患いながらも、自らの夢や欲に素直に生き、皆に愛され続けた実在の人物・鹿野靖明さんと、彼を支えながらともに生きたボランティアの人々や、家族の姿を描いた人間ドラマです。
 
birth



ご利用案内福祉ライブラリー・NEWSHOMETOP