福祉ライブラリー 福祉ライブラリー・NEWS

香川県社会福祉総合センター
福祉ライブラリー・NEWS
NO.267
2019.12


おかげさまで11月29日をもちまして、読書促進月間を終了させていただきました。
たくさんのご利用ありがとうございました。
福祉ライブラリー探検隊
福祉ライブラリー 書籍コーナーのご紹介!
今月は「歴史・地理」コーナー
  鹿の助くん
「鹿の助(かのすけ)くん」

zu12
「日本の誕生 皇室と日本人のルーツ」」
著/長浜浩明
 御代替わり「令和」のいまこそ知りたい皇室の源流や日本人のルーツ。神武東征と邪馬台国を含む日本の建国の事情を、旧石器時代から説きおこし、魏志倭人伝、三国史記、記紀、大阪平野の発達史などを交えて解明しています。科学的な視点から、論理的に真実に迫る1冊です。

「大名の「お引っ越し」は一大事!?江戸300藩「改易・転封」の不思議と謎」
監修/山本博文
 江戸時代にたびたび起こった「改易」(取り潰し)や「転封」(引っ越し)。お家騒動や刃傷沙汰、世継断絶、職務の怠慢など、その理由は多岐にわたりますが、大名や家臣たちはその都度多大な苦労を強いられ、特に転封では長距離の移動、膨大な費用など、負担もただ事ではありませんでした。彼らがなぜ取り潰されたり、転封を命じられたのでしょうか。そしてその後どうなったのでしょうか。江戸期の大名の実情が、興味深く紹介されています。

「明智光秀は二人いた!」
著/跡部蛮
 織田信長を本能寺で討ったことで有名な戦国武将・明智光秀は、出身地や生まれた年をはじめ、その生涯の多くが謎に包まれています。しかしながら、その謎は「光秀は二人いた!」と仮定すると解けてきます。本書は、美濃生まれの「光秀A」と京都生まれの「光秀B」、二人の存在を突き止め、謎多き生涯を「新説」により解き明かしています。

santa


男女共同参画コーナー
book12


「家族の幸せ」の経済学 データ分析でわかった 結婚、出産、子育ての真実

山口慎太郎

 東京大学経済学部・政策評価研究教育センター准教授。慶應義塾大学商学部卒業後、同大学大学院商学研究科修士課程修了。アメリカ・ウィスコンシン大学経済学博士(Ph.D)所得。カナダ・マクマスター大学助教授、准教授を経て、2017年より現職。専門は、結婚・出産・子育てなどを経済学的手法で研究する「家族の経済学」と、労働市場を分析する「労働経済学」。
☆  ☆  ☆   
「赤ちゃんには母乳が一番。」「3歳までは母親がつきっきりで子育てすべき。」など、出産や子育てにおいて幅をきかせる科学的根拠を一切無視した「思い込み」。それらの間違いを気鋭の経済学者が、最先端の経済学の手法によりわかりやすく解説しています。




〜福祉ライブラリーからのお知らせ〜

1. 1人が1度に借りることができるのは、図書10冊とVTR4本までです。
2. 貸出期間は図書もVTRも2週間以内
3. 開館時間は、月〜金 10:00〜18:00
4. 休館日は、土曜日・日曜日・祝日と、12/29〜1/3資料整理日です。




ご利用案内新着図書・ビデオHOMETOP